八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

フリーペーパーやHP開設 市の農水産物情報発信

大判の紙面で生産者と生産物を紹介する石垣島農水産物フリーペーパーの両面=17日午後、市役所

大判の紙面で生産者と生産物を紹介する石垣島農水産物フリーペーパーの両面=17日午後、市役所

生産者の思い、旬の産物紹介

 石垣市が2016年度から農水産物のプロモーション事業を本格化させており、生産者と生産物、生産者の思いなどを紹介するフリーペーパー(折り畳み式)を発行したほか、今月からは農林水産物に特化した情報発信ホームページ(HP)「特産島石垣島」を開設、運営している。市は生産物、生産者に関する情報をネット上で公開し、農水産物のブランドサイトとして管理運営していく、としている。

 フリーペーパーは▽地産地消▽食育教材▽販路開拓▽商談時の資料▽ブランド力の向上▽観光産業との連携などを目的に2万部発行。観光施設、学校、生産団体などに配布する。

 16年度は12人の生産者とパイナップルやマンゴー、ひとめぼれ、オクラ、ゴーヤ、ピパーチ、フルーツパパイア、石垣牛、もろみ豚、アカマチ、ヤイトハタ、マグロなどを取り上げ、生産者の思い、おいしい食べ方、簡易な栽培暦などを掲載。裏面のカレンダーで旬の農水産物をPRしている。

 16年度から3年間継続して紹介する生産者と生産物を拡大、集めた情報を冊子にまとめることも検討する。

 作成したフリーペーパーの情報は4月開設の専用HPにも載せており、農政経済課は「フリーペーパーをの内容を深掘りした内容の掲載が可能」として生産者や生産地情報の充実化、民間事業者が運営するサイトとの連携、農水産物を販売できるECサイトとの連動を想定している。

 同課の玻座真保幸課長補佐兼農政係長は「石垣島の人、物を積極的に売り出していきたい」と話している。

  • タグ: 石垣市農水産物のプロモーション事業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム