八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

男子・桑原寛次、女子・松本華奈が優勝 【エイジ部門】

大会連覇を達成した女子優勝の松本華奈(左)と、大会4連覇、通算7回目の優勝を飾った男子優勝の桑原寛次=16日午前、フェリーターミナル

大会連覇を達成した女子優勝の松本華奈(左)と、大会4連覇、通算7回目の優勝を飾った男子優勝の桑原寛次=16日午前、フェリーターミナル

石垣島トライアロン大会2017

■桑原寛次(36)那覇市

「笑うことで力み取れた」

 「優勝できてうれしい。自分のやってきたことを証明できてホッとしている」と笑顔をみせた桑原。得意のランで前の2人を抜き、大会4連覇、7回目の優勝を飾った。飲食店の店長をしながらトライアスロンに出場。限られた練習時間の中でいかに効率よくパフォーマンスが出せるかに取り組んできた。行き着いたのが「力まないこと」だった。

 ランではトップと2分以上差があったが「抜こうと無理をしてもつぶれてしまうので」と自分のペースを保ち2周目のはじめでトップに。「笑うことで力みも取れる」と沿道に笑顔を振りまいた。昨年、おととしは練習しなければと気負い、体調を崩したこともあったが、ことしはいかにリラックス状態を保ち、筋肉を使わずに動くかを追求してきた。「取り組んできたことが結果として出せた」と喜ぶ。5連覇についても「仕事の都合が合えば出場して狙っていきたい」と気負わない。

 

■松本華奈(43)松江市

「沿道の応援すごかった」

 「大好きな石垣島で2連覇できてうれしい」。スイムでトップに立つと、苦手のバイクでも1位をキープ。得意のランは42分25秒の好タイムで男子を含めても11位。2位に5分以上の大差で連覇を達成した。

 「去年はランで足がつってしまったので、ことしは最後まで体力が切れないようペース配分を心がけた。ランも、去年よりフラットになり走りやすかった。沿道の応援もすごかった。充実した10㌔だった」とレースを振り返った。

 松本は2016年40~44歳の年間チャンピオン。ことし9月にはオランダで行われる世界選手権に日本代表として出場する。

 競技を始めたきっかけは2000年のシドニー五輪で見た庭田清美選手。以来、庭田選手を追いかけてきた。「尊敬する庭田選手とレースに出られて良かった。貴重な経験になった」と話す。来年の石垣大会に向けては「若い力と切磋琢磨(せっさたくま)しながら、3連覇を目指していきたい」と意気込んだ。

地図
  • タグ: 石垣島トライアロン大会2017
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム