八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

山羊まつり30日開催 市制施行70周年記念

「第1回石垣島山羊まつり」が30日開催され、迫力ある闘ヤギも行われる=資料写真・2009年11月30日

「第1回石垣島山羊まつり」が30日開催され、迫力ある闘ヤギも行われる=資料写真・2009年11月30日

新産業への発展期待
闘ヤギや大抽選会など実施

 多くの市民にヤギを身近に感じてもらい、生産・消費拡大を図ろうと石垣市制施行70周年記念「第1回石垣島山羊まつり」(同実行委員会主催)が30日、石垣市総合体育館南側広場で開催される。まつりでは、闘ヤギや1頭5万円相当のヤギの大抽選会が実施されるほか、優良品種のヤギなどを使用したヤギ汁・ヤギそば、計1200食が用意される。まつりを前に準備を進める事務局の石垣市山羊生産組合(宮國文雄組合長・会員42人)など同実行委員会は、ヤギを活用し新たな産業へ発展させるため、まつり成功に大きな期待を寄せている。

 事務局によるとまつり当日は、ヤギ15頭から20頭分を使用し、ヤギ汁700食(1杯1000円)、ヤギそば500食(同700円)を販売。子ヤギと触れ合うコーナーも設けられる。

 大抽選会では、目玉として1頭5万円相当の子ヤギ2頭と、1頭10万円近い成ヤギ計3頭が用意される他、多数の副賞もそろえている。抽選対象は、1口300円の抽選券購入者。また昨年、県や市の事業で購入した優良品種のヤギの展示も行われる。

 迫力ある闘ヤギには、重さが50~100㌔のヤギ約20頭が出場し、トーナメントで王座を決定する。

 まつり運営は、事務局の生産農家を中心に実施。同生産組合の宮國組合長は、まつりの成功を足掛かりに、ヤギを食すだけではなく闘ヤギ文化やヤギのテーマパーク開設など、観光産業としての可能性を広げたい考えで、「石垣島を全国有数のヤギ生産拠点にするため、市民の皆さまの協力のもと、まつりを盛り上げ成功させたい」と力を込めた。

 同実行委員会では14日、最終の委員会を開き、関係機関と最終調整を行う。

  • タグ: ヤギ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム