八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

外国人客対応サポート期待

 ▽…船浮中に入学した池田元氣君は、「中学では、英語を話せないと外国に行ったときに困るので頑張りたい」と抱負。最近は船浮もグローバル化しており、ツアーガイドを行っている父親の克史さんのところにも外国人客が訪れるという。克史さんは「英語を話せない父をサポートしてほしい」と期待。

 ▽…各校で始業式が行われた7日、春休みを終えた児童生徒の元気な声が約2週間ぶりに校舎に戻った。真喜良小で仲吉永克校長は自身が小学5年生の時に担任から聞いた「2羽のハト」の話を紹介。猟師に捕らえられた2羽のうち、与えられたごちそうを食べずに機会を狙い、大空へ飛び立ったハトの姿から、目標を持って生きることの大切さを説いたもの。地道な努力や我慢はいつか実を結ぶ。充実した学校生活を。

 ▽…八重山博物館の新収蔵品展が7日から始まり、2015・16年度に収集された資料も紹介されている。関係者からの寄贈もあるが、古民家の解体時に貴重な資料が発見されることも少なくないという。今回も褒状などが発見された。同館の担当者は「戦前から戦後にかけ、当時使用していた生活用品は、その時代を知る貴重な資料になる」と資料の重要性を強調。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム