八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海外への販路開拓に好機

 ▽…南ぬ島石垣空港が国内31番目の税関空港となった。県内では那覇空港に次いで二つ目の空港だ。これにより、国際貨物の輸出入が可能となり、現在運航している台北と香港へ地元特産品や農水産物の販路拡大が見込まれる。石垣市がどの品目をメーンに売り込むか注目されるが、地元業者が海外へ販路を新規開拓する大きなチャンスが広がった。特産品の新たなブランド化に向けての好機だ。

 ▽…ソフトテニスの全国大会で上位入賞を中山義隆市長に報告した川平中の吉川小百合(3年)・髙嶺心萌(2年)ペアと、石垣第二中の野中誠君(3年)。県代表のコーチとして引率した髙嶺享史さん(42)によると、出場校はほとんど私立で全国から強い選手を集めており、公立というだけで驚かれたという。小さな島でも“やればできる”を証明した3人に、ほかの児童生徒も続いてほしい。

 ▽…昨年9月ごろからマグロの水揚げが減っている。マグロを取り扱う鮮魚店によると、この2年でマグロの仕入れ量が1日約100㌔から約60㌔に落ちたという。不漁が続けば仕入れもゼロとなる。4月下旬からは、クロマグロのシーズンを控え「自然の事なのでジタバタしてもどうにもならないが、クロマグロのシーズンを迎え、店にも活気が戻ってほしい」と願った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム