八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

爽やかな陽光の中、夢膨らむ新年度が

 爽やかな陽光の中、夢膨らむ新年度がスタートした。会社や官公庁で長い勤めを無事に終え、退職した人たちに代わって、学校を卒業した多くの若い人たちが社会人としての第一歩を踏み出したことだろう▼八重山教育事務所では新採用者に辞令が手渡された。夢をかなえた石垣中学校の波照間督起教諭は「志した道にゴールはない。八重山の子どもたちが自信を持って未来を切り開いていけるよう懸命に努めてゆく」と誓ったという。謙虚なうちに目標への気概が読み取れて爽やかである▼新社会人には仕事への期待と不安があるものと思う。だが、仕事はいつも快調にいくとは限らない。時には失敗もあれば落ち込むこともあろう。そんな時、簡単に諦めないことだ。辛抱するということもまた仕事をしていく上で大切である。どんな悪い時でもいつかは去っていくのだから▼進学、入社、転勤と迎えた新年度は、一つの出会いでもある。職場や学校で人生を左右する人物との出会いが待っているかもしれない▼若いうちは固定観念にとらわれず、自由に柔軟に物事を考えられるという特権がある。鋭敏な視線を持った若者の力でより良い未来は築かれる▼人生の節目を迎えた多くの若者たち。輝ける未来に向けて、初心を忘れずにすてきな出会いの新年度にしてほしい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム