八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

少年荒鷲 初優勝 真喜良サンウェーブに4−1

第21回JTA旗先島地区学童軟式野球交流大会で初優勝した少年荒鷲=3日午前、市中央運動公園野球場

第21回JTA旗先島地区学童軟式野球交流大会で初優勝した少年荒鷲=3日午前、市中央運動公園野球場

11年ぶりに地区大会制す JTA旗先島地区学童軟式野球

 第21回JTA旗先島地区学童軟式野球交流大会(沖縄県野球連盟主催)は3日、市中央運動公園野球場で決勝戦が行われ、少年荒鷲が4−1で真喜良サンウェーブを下し、大会初優勝を飾った。少年荒鷲が八重山地区の大会で優勝したのは、2006年12月の古賀杯以来、11年ぶり。

 荒鷲の橋本蒼生主将は「真喜良にはずっと負けていたので勝ちたいという気持ちが強かった。それにJTA旗は大濱監督たちが立ち上げた大会なので、監督に初優勝をプレゼントしたかった。最終目標は全国大会で優勝することなので、これからもしっかり練習に励みたい」と次の目標を見据えた。

 優勝した荒鷲は、8月に徳島県で開催される阿波おどりカップ全国学童軟式野球大会2017に沖縄県代表として派遣される。

 大会には八重山8、宮古地区9の計17チームが出場した。

 結果は次の通り。

真喜良サンウェーブ

0010000 │ 1

202000×  │ 

少年荒鷲

(真)新城、増田−大濱安、新城

(荒)大舛−橋本蒼

▽三塁打=崎浜(真)

 ▽優勝=少年荒鷲▽準優勝=真喜良サンウェーブ

 ▽殊勲賞=大舛凌央(りお・荒鷲)▽敢闘賞=増田健琉(たける・真喜良)▽打撃賞=伊良部悠真(真喜良)打率5割4部5厘

  • タグ: JTA旗先島地区学童軟式野球交流大会少年荒鷲
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム