八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

利便性配慮し各課配置 きょうから新体制

大規模な組織改編に伴い、引っ越しや準備作業を行う竹富町の職員たち=2日午前、竹富町役場

大規模な組織改編に伴い、引っ越しや準備作業を行う竹富町の職員たち=2日午前、竹富町役場

竹富町役場

 課設置条例の一部改正に伴い、竹富町役場は3日から新体制で業務がスタートする。西大舛髙旬町長が掲げる組織改編を目的にしたもので、3月定例議会で全会一致で可決、1日付で施行された。大規模な組織改編は初めてで、休日となった1日は職員総出で引っ越し作業を開始、2日まで行う。

 2017年度の課の配置は町民課や税務課、健康づくり課など町民の利用が多い窓口業務を一つのエリアにまとめた。各種事業・施策を展開する新設の政策推進課を町長室近くに配置し、総務課、財政課なども職員相互が連携しやすいよう近くに置いた。

 西大舛町長は「職員一人一人も強い意気込みを持っている。町民と一体となったふるさとづくりに向けて、ぜひ多くの人に利用してほしい」と話した。

 新設ポストの政策調整監となった大浜知司さんは「新年度の課の配置は、役場に来る人が利用しやすいよう配慮した。利用する人たちに親しみを持ってもらうよう新年度も頑張っていきたい」と語った。

  • タグ: 竹富町役場組織改編
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム