八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

退職者、笑って新たな船出

 ▽…石垣市の2016年度定年退職者激励式では、退職者18人を代表して3人があいさつを行った。トップバッターはだじゃれ好きの金城弘一総務部長。公務員生活を「外国を回る船に乗っている感じだった」と振り返った。その心は「後悔(航海)の連続だった」。通常だと、しんみりとする激励式で笑いを誘っていた。

 ▽…石垣市役所玄関前の道路に隣接する一部敷地が無料駐輪場として開放された。近くの繁華街に集中する路上駐車の解消を図る取り組み。ただ、懸念されるのは自転車やバイクの放置。市の対応にも限界があり、ひどい場合は閉鎖の可能性も。多くの人がともに使う公共の場所。息の長い利用には、使う人それぞれのモラルが最も重要だ。

 ▽…カーニバルマリタイム社のクルーズ船「アイーダベラ」が石垣港に初めて寄港した。石垣港へのクルーズ船初寄港は3月だけで3回。乗客はフランスやドイツ、イギリス人ら欧州系が多い。国際色豊かな観光地に成長した石垣市だが、中身はどうだろうか。「質を高める」という言葉は聞こえるが、明確な指針は、次世代を担う観光人材の育成は、と疑問符がつく。新年度は「?」がない施策展開に期待。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム