八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島の海1位 ダイビングエリア国内部門17年連続

第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で、17年連続の1位となった石垣島の海(八重山ダイビング協会提供)

第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で、17年連続の1位となった石垣島の海(八重山ダイビング協会提供)

ポイントやショップ高評価

 第17回「ダイブ&トラベル大賞2017」のベストダイビングエリア国内部門で石垣島が第1位に輝いた。同部門1位は17年連続。月刊マリンダイビングの年間購読者とマリンダイビングフェア参加者の投票(総数6676票)で決定。石垣島は1030票を獲得し、2位の沖縄本島に2倍以上の差数をつけた。投票者からは「潜るエリアが豊富で充実している」「ダイビングショップの親切・丁寧な対応で島のファンになった」などの評価を得ている。

 ベストダイビング国内エリア17年連続1位に八重山ダイビング協会の安谷屋正和会長は「連続で選ばれ、すごく名誉なこと。石垣島を含め八重山はダイビングエリアが多く、海に生息する生き物も増えている」と喜び「各ショップが工夫し潜るポイントを開拓しており、リピーターからは海外に負けないエリアと評価されている」と語った。

 安谷屋会長によると、南ぬ島石垣空港開港後、国内外からの利用客が10倍以上に増え、今後はインバウンドへの対応を考える時期にきている。

 同協会は4月7日に東京都池袋で開催される「第25回マリンダイビングフェア2017」の表彰式に参加予定。

 同部門には郡内から8位に西表島(201票)、19位に与那国島(71票)、27位に波照間島(33票)、33位に黒島(20票)、38位に小浜島(15票)がそれぞれ選ばれた。

 また、ベストダイビングサービス国内部門で、ダイブパラッパ(石垣島)が八重山地区で最高の5位に入った。

  • タグ: ダイブ&トラベル大賞ダイビング
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム