八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

口利き案件報告機能せず 市議会一般質問

条例施行後1件もなし 様式がなく職員萎縮か

 3月定例会石垣市議会(知念辰憲議長)は15日、大石行英、小底嗣洋、友寄永三、砥板芳行の4氏が一般質問を行った。職員倫理条例に基づき、口利きなどの要望を受けた場合に記録・報告する案件が2008年11月の施行以降一件もないことが判明、機能していないことが浮き彫りとなった。人口減少地域で空き家を活用して移住定住を促進する空き家バンク事業が、夏ごろにスタートする見通しが示された。台湾から石垣港への就航が先送りされていた貨客船「ナッチャンレラ」は5〜10月に運航計画があることが分かった。

 倫理条例によると、職員は、特別の者を特別に扱うよう求める要望などを受けた場合、内容を記録し、管理者に報告しなければならない。1件も報告がないことについて金城弘一総務部長は「記載する様式がなく、書いたことで職員に不利益が被ることも考えられる」と小底氏に答弁した。

 小底氏は他市の様式を提示しながら「様式を作成しないと条例は生きない」と指摘、金城部長も「ぜひ参考にしたい」と応じた。同時に小底氏は「職員だけでなく、副市長も議員も襟を正すために倫理条例が必要」と知念議長に特別委員会の設置を要望した。

 友寄氏が取り上げた空き家バンクについて須藤圭介企画部長は「遊休家屋を賃貸目的で改修する場合に費用の一部を補助し、市が運営するバンクに登録して物件情報を公開し、貸し手と借りてのマッチングを行う。夏ごろから運用開始ができるよう取り組みたい」と答弁した。

 砥板氏によると、貨客船の就航は週2回。接岸岸壁、CIQ(税関、出入国管理、検疫)業務が課題となっており、安里行雄建設部長は運航予定スケジュールを示した上で「F岸壁での接岸となるので、船内でCIQ業務ができるか調整している。乗客が500人程度だが、入港から入国できるまで1時間半から2時間かかると聞いている」と説明。砥板氏は「貨物スペースで入国審査をすることになっているが、そこには空調もない。施設内でできるよう検討してもらいたい」と要求した。

  • タグ: 市議会一般質問
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム