八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石川、世界4位 アーノルドクラシックアームレスリング

4位に入賞し、メーンステージでメダルを受けた石川勇作(左)

4位に入賞し、メーンステージでメダルを受けた石川勇作(左)

70㌔以下級 強豪倒す手応えつかむ 渡米支援に感謝

 米国オハイオ州で現地時間の3月3日から2日間、開催された2017アーノルドクラシックアームレスリング大会で70㌔以下級に出場した日本代表の石川勇作(39)=石垣市石垣=は表彰対象の4位に入り、メーンステージでメダルを受けた。同級には世界各国の強豪19人がエントリー。優勝はカザフスタンの選手だった。

 石川は「今持っている力は出すことができたと思う。上位3人との力の差は感じたが、彼らを倒すために何をすればいいのか分かった」と手応えを感じた様子。「4位でメダルと賞金200㌦を受け、メインステージで表彰を受けたことは、アームをやっていて良かったと思えた。最高の瞬間だった。これからも頑張れる」と話した。

 「家族や会社、アーム仲間、新川の皆さん、同級生たち、支援してくれたすべての皆さんのおかげでアメリカに行くことができた。何とか結果を残すことができてホッとしている。本当にありがとうございました」と感謝した。

  • タグ: アーノルドクラシックアームレスリング
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム