八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

昭和の遠い日。高校の頃、中間・期末試験を…

 昭和の遠い日。高校の頃、中間・期末試験を終えた午後の、あの何とも言えない解放感が好きだった。社会人となった土曜午後の「半ドン」も懐かしい。半ドンは昭和の、バブル期の「花金」は平成の死語だ▼プレミアムフライデーが始まった。月末の金曜日は午後3時までに仕事を終え、豊かな時間を過ごそうという国肝いりの取り組み。低迷する消費にテコ入れする狙いがあるが、どこかピントがずれていないか▼案の定、休めた人は4%足らず。沖縄県内や八重山では縁がなかったようだ。「忙しくて休めない」という声が多く、テレビが伝えるニュースにも「わじわじフライデー」だったか▼「ブラック企業」や「過労自殺」がきっかけの「働き方改革」というけれど、国が本気になって改革すべきは他にあるだろう。非正規雇用の解消、暮らしていける給与水準の確保。これらは、若者世代が結婚して子どもを生み、育てていくための当たり前の環境づくりだ▼県内では週休2日さえ確保できない事業所もある。給与水準は全国最低。解決すべき課題はあまりにも多い▼それでも、たった2時間などとみみっちいことを言わず、せめて半ドン、そう「金ドン」めざして開き直るぐらいがいいのでは。浸透しそうもない「プレ金」は「現代の死語」になるのかも。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム