八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

本格レース、もっと工夫を

 ▽…舟蔵公園で4日行われた県内初の本格ドローンレース大会。訪れた観客は、選手の操縦技術の高さ、ドローンのスピードに圧倒された。ただ、現場ではタイムスケジュールが分からず、戸惑う来場者も。ホームページには掲載されていたが、会場でもチラシやパネルで告知するなどの工夫がほしかった。せっかくの本格レース。もったいない。

 ▽…3月4日は「さんしんの日」。八島小学校体育館で約250人が三線を弾いた。1993年に提唱され、石垣では2001年から大合奏会を開催。多くの人々が一斉に響かせる旋律は圧巻だ。この日だけは流派を超えて合同で三線を弾き、同じ歌を歌うのも特徴だ。石垣市文化協会の嵩本安意会長は「三線は平和のシンボル」と語る。この日は人々のさまざまな思いも詰まっている日でもある。

 ▽…子どもから大人まで約80人が出場した石垣島SUPグランプリは、少々風があったものの天候にも恵まれ、競技者には良いコンディションとなった。ことし4回目を迎える大会で、県内外からの参加もある。この時期に大会が開催できるのも気温が高い石垣島ならでは。冬場のスポーツイベントとしても可能性を秘めていそうだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム