八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3月定例町議会 波照間空港再開目指す

竹富町長就任後、初の施政方針演説を行う西大舛髙旬町長=3日午後、町役場議会議場

竹富町長就任後、初の施政方針演説を行う西大舛髙旬町長=3日午後、町役場議会議場

西大舛町長が施政方針 決める行政運営にまい進

 竹富町の西大舛髙旬町長は、3日開会した町議会3月定例会で町長就任後初となる2017年度の施政方針演説を行った。「『決める行政、決める政治』を信念にスピード感を持って町政運営にまい進する」と決意を述べ、波照間空港の再開と船舶の大型化を見込んだ同島での地域住民主導による大型宿泊施設建設の実現可能性を探る調査など約100の事業を挙げた。

 新規事業はほかに干立地区の避難場所の整備に向けた調査設計、浦内川上流とマリユドゥの滝を結ぶ遊歩道の整備、老朽化に伴う波照間小学校と鳩間小中学校校舎の改築、西表東部の公園整備、鳩間島留学施設の整備、西表祖納上村の土地利用計画策定に向けた調査など。主な継続事業では町住宅のリフォーム、船賃等の負担軽減、学校ICT環境の整備、世界自然遺産登録の推進、第2次海洋基本計画の策定などを盛り込んだ。

 施政方針で西大舛町長は、組織再編などを目的とする「質の高い行政サービスの提供」など四つの基本目標と七つの基本政策を示し、「第20代町長として半年がすぎようとしている。町長に就任して多くの方々の考えを伺い、これらふるさとづくりへの思いを改めて検証し、町政に反映すべきものは積極的に取り入れたいと考えている」と述べ、町民や議員に理解と協力を求めた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム