八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

鶏小屋にイリオモテヤマネコ  干立集落で保護、自然に戻す

鶏小屋でじっとうずくまるイリオモテヤマネコ=2月24日、干立集落内

鶏小屋でじっとうずくまるイリオモテヤマネコ=2月24日、干立集落内

 【西表】西部の干立集落で2月24日、鶏小屋にイリオモテヤマネコが入っているのを住民が発見した。ヤマネコは網の隙間から侵入し、出られなくなっていたという。

 住民の連絡で駆けつけた西表野生生物保護センターの自然保護専門員や獣医師らが小屋に入ると、ヤマネコは「シャーッ」と牙をむいて威嚇して逃げようとしたが、毛布で包み込むように保護した。

 この個体は、昨年3月に住吉集落で保護されたオスの成獣。額に、鶏小屋侵入時にできたとみられる傷があったことから、獣医師の診察・治療などを受け、1週間程度で自然に戻された。

 同センターの杉本正太自然保護官は「ヤマネコはこぶし大の隙間があれば侵入できるので、小屋の管理には注意をお願いしたい。困っている方には相談に乗る」と話している。(曽根田容子西部通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム