八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安倍政権の国政運営をみていると…

 安倍政権の国政運営をみていると、先の大戦から学んだ「戦争は秘密から始まる」との歴史の教訓を思わずにはいられない▼集団的自衛権の行使容認で戦争のできる国に道を開いた政権は、当初「廃棄した」と説明の南スーダン派遣自衛隊日報について一転、存在を明らかにし半分くらい黒塗りの状態で公開した▼権力が不都合を隠すのは今に始まったことではないが、国民に余計な口出しをされたくないと言う思いだろうか。情報公開の開示文書で黒塗りが多いのは、広めに塗っておいたほうが安心だという発想があるのだろう▼日本が太平洋戦争に突入し、敗戦へと向かう間、新聞は大本営発表を垂れ流し、ひたすら戦争をあおる役割を果たした。この重大な歴史的事実を謙虚に反省し、戦後の新聞は「戦争のために二度とペンを、カメラを取らない。戦争のために輪転機を回さない」と誓って再出発した▼政府が秘密を保持しようとする時ほど危険なことはない。その思いは敗戦を経験した先輩たちから私たちに引き継がれてきた。だからこそ国民には知る権利があり、報道機関には手遅れになる前に知らせる責務がある▼石垣市は今、陸自ミサイル基地配備に向けた手続きが進行し、まさに待ったなしの状況。中山市政の追及、野党議員の力量が問われる3月市議会を注目したい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム