八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

那須ブラーゼンが石垣合宿 新城銀「いいシーズンを」

空港到着後、バイクを組立てそのままトレーニングを行う選手ら=24日午前、南ぬ島石垣空港

空港到着後、バイクを組立てそのままトレーニングを行う選手ら=24日午前、南ぬ島石垣空港

27日まで

 国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」に参戦している那須ブラーゼン(清水良行監督)の選手ら8人が24日午前、空路石垣入りした。27日まで石垣島で合宿する。同チームには石垣市出身の新城銀二選手(19)が所属している。

 合宿は3月18日の開幕戦「宇都宮クリテリウム」、4月1日の第1回ツール・ド・とちぎに向けたもの。

 清水監督(34)は「この時期那須では、路面凍結や気温が低すぎてロードを走れない。石垣は暖かくストレスなく練習ができる」と述べ、新城選手は「石垣合宿は短い期間だが、しっかり調整して、いい状態でシーズンを迎えられるようにしたい」と今季への抱負を語った。

 24日午前、南ぬ島石垣空港に到着した選手らは食事後、バイクを組み立て、そのままトレーニングを開始した。

 27日午後には名護に移動し、名護で11日間の合宿を行う。

 那須ブラーゼンは、日本初の観光地での地域密着型ロードレースチーム。市出身の新城雄大選手も所属していた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム