八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

保育園の年長さんから小学校低学年まで…

 保育園の年長さんから小学校低学年までぐらいか、石垣市内の子どもたちに信じられている話がある。「三ツ星タクシー見たらいいことあるってよ」。同社は幸せである▼都市伝説かも知れない。「友達の友達」という、実際には誰の体験かわからない話。全国的にはやった話なら「口裂け女」や「人面犬」。「東京ディズニーランド巨大地下空間カジノ説」などもある。比べれば石垣の子たちは、ほのぼのだ▼一転して大人社会。「中国の脅威」や「尖閣危機」を言い募り、「標的の島」化に突き進む石垣市である。一方で好調なクルーズ観光を追い風に、ことしも過去最高の入域客を目指し「グレードの高いリゾートを推進する」と▼沖縄でやりたい放題を続ける米軍オスプレイ。飛行訓練の高度が問題視されている。航空法違反の地上60mを低空飛行しながら、県への説明は150m以上と。わが政府による都市伝説▼米空軍横田基地に配備予定の特殊作戦用オスプレイには、関東甲信越5県53市町村に及ぶ訓練区域「エリアH」が設定され、日本を代表するリゾート地・長野県軽井沢も含まれる。当然、軽井沢町は国に対し訓練区域からの除外を要求している▼これが常識だ。「グレードの高いリゾート」と軍事は並立しない。並立を信じるなら、もはや都市伝説である。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム