八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学校入学楽しみ 園児、父母ら1000人参加

くにぶん木の会のメンバーと一緒に「ドキドキドン!1年生」を歌う子どもたち=19日午後、市民会館大ホール

くにぶん木の会のメンバーと一緒に「ドキドキドン!1年生」を歌う子どもたち=19日午後、市民会館大ホール

もうすぐ1年生の集い

 4月から小学校に入学する子どもたちと父母を対象にした「第33回もうすぐ1年生 園児と父母の集い」(八重山毎日新聞社主催)が19日午後、市民会館大ホールであり、郡内の幼稚園や保育園に通う園児と父母ら約1000人が参加した。集いでは入学前講話やマジックショー、お楽しみ抽選会などが行われ、子どもたちが小学校生活に胸を躍らせた。

 本社の黒島安隆社長は「学校に通う時は安全に気を付けて、手を挙げて横断歩道を渡るようにしよう。保護者の皆さんには、ぜひ入学記念に木を植えて思い出をつくってほしい」とあいさつ。

 石垣小学校の西原貴和子校長は小学校の1日の流れや行事などを写真や映像で紹介。保護者にしてほしいこととして▽朝ご飯を食べて登校させる▽遅刻をさせない▽1日の学校の様子を聞く|など5項目を挙げ、「子育てを楽しみながら子どもの夢をかなえてほしい」と呼び掛けた。

 八重山地区防犯協会女性部は防犯標語「いかのおすし」について、寸劇を交えながら伝えた。

 パフォーマーにんにんのマジックショーでは、次々に生み出されるバルーンアートに子どもたちがくぎ付け。大勢が舞台前に詰めかけて歓声で沸いた。

 くにぶん木の会のメンバーと一緒に子どもたちが「ドキドキドン!1年生」を大合唱する場面もあり、会場が一体となった。

 お楽しみ抽選会で自転車が当たった森戸結南(ゆな)さん(6)は「当たってうれしい。遊ぶ時に使いたい。算数や国語の勉強、給食が楽しみ」と語った。

  • タグ: もうすぐ1年生園児と父母の集い
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム