八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県社会教育功労表彰受賞を報告 子どもの健全育成など1個人2団体

2016年度県社会教育功労表彰を受けた個人や団体代表たち=1日午後、石垣市役所庁議室

2016年度県社会教育功労表彰を受けた個人や団体代表たち=1日午後、石垣市役所庁議室

 2016年度県社会教育功労表彰を受けた與那國久枝さん、市青年団協議会(大濵俊晴会長)、琉球國祭り太鼓八重山支部(山岸玲子支部長)が1日午後、石垣市役所で受賞報告した。

 與那國さんは、八重山舞踊と華道の指導者として子どもたちの健全育成に貢献。同協議会は、文化発表会の開催や郷土芸能の継承に尽力。同支部は、地域行事への積極的な参加や演舞指導に努めていることが評価された。

 表彰を受け、與那國さんは「受賞を励みに生涯頑張っていきたい」、大濵会長は「大きい賞を誇りに思う。後輩も育成していきたい」、山岸支部長は「支部は節目で25周年。この先も頑張っていきたい」とそれぞれ感想を述べた。

 中山義隆市長は「子どもの健全育成、伝統芸能の継承は大事な分野。今後も力を発揮してほしい」と激励。石垣安志教育長も同席してエールを送った。

 表彰は、多年にわたり社会教育の振興に功労があった個人や団体に贈るもの。県内では石垣市を含め8個人4団体が受賞した。1月27日に嘉手納町で開かれた第58回県社会教育研究大会で表彰式があった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

ページ移動

キーワード検索フォーム