八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

畜産基地建設事業 滞納額2億7970万円

竹富島カイジ浜休憩所の工事請負契約を締結する議案などが可決された竹富町議会臨時会=1月31日午後、町役場議場

竹富島カイジ浜休憩所の工事請負契約を締結する議案などが可決された竹富町議会臨時会=1月31日午後、町役場議場

竹富町臨時議会 支払い求め訴訟へ「精算できるよう努力を」

 竹富町議会(新博文議長)は1月31日午後、臨時議会を開き、草地などを整備する過去の畜産基地建設事業で法人・個人が町に滞納している事業費約2億7970万円の支払いを求める訴訟の提起と調停を申請する議案などが可決された。1983年から92年まで続いた事業で、議員からは滞納整理についてこれまでの町の対応を疑問視する声が相次いだ。

 同事業は、畜産物の安定的な供給と経営の合理化などを図る目的で町内各離島で草地の整備や農機具、家畜を導入したもの。事業費は、国と県、法人・個人が負担するもので、法人・個人分は議会の承認を経て町が負担していた。

 同事業は、区域ごとに実施され、第一区域で1社、第二区域で2社4個人が1994年から支払いが滞っている。町は支払いを請求していたが法的手段などは取っていなかった。

 大久研一、渡久山康秀、仲里俊一、東迎一博、三盛克美、新田長男氏らが当局をただし、「今後もこういうケースが出かねない。しっかり厳しくするべきだ」「きちんと精算できるよう努力してほしい」と指摘した。

 今後、町は訴訟と民事調停の申し立てを行い、滞納額を徴収する方針だ。

 また、西表大原から新城島を結ぶ海底送水管更新工事の請負契約の一部を変更する案も可決された。送水管の腐食防止に向けた工事費などを追加するもので、当初請負契約額から約5500万円増額され、約11億円となった。

 他にも、竹富島のカイジ浜に公共トイレと休憩所を新たに整備するため、工事請負契約を締結する議案も可決された。契約金額は約5800万円。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム