八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全身白のシロハラクイナ 名蔵地区で撮影に成功

宮良正芳さんが撮影した全身がほぼ白いシロハラクイナ=2017年1月16日、名蔵

宮良正芳さんが撮影した全身がほぼ白いシロハラクイナ=2017年1月16日、名蔵

佐野清貴さん撮影のシロハラクイナ=2016年12月30日、名蔵

 全身がほぼ真っ白のシロハラクイナが昨年8月ごろから名蔵ダム近くなどで目撃されており、宮良正芳さん(55)=真栄里=がこのほど撮影に成功した。通常の個体は頭頂から羽の部分にかけては黒色となっているが、確認された個体はお尻の部分に赤みがかっている程度。日本野鳥の会石垣島支部副支部長の佐野清貴さん(50)=大本=は「とても珍しい」と話している。

 フサキリゾートヴィレッジでバスの運転手を務める宮良さんは昨年8月ごろ、名蔵で白いクイナを目撃、今月16日にカメラ機能を持つ携帯電話で撮影した。「初めて見たのでずっと気になっていた。職場の人に話しても信じてもらえなかったので、これで納得してもらえる。うれしい」と笑顔をみせていた。

 佐野さんも昨年12月に同様の個体を確認、撮影しており、2013年に続き2例目。「前の個体と別のもの。突然変異だと思う」としている。

 シロハラクイナは、ツル目クイナ科の鳥で県内に分布。通常みられる個体は額から顔、腹にかけて白色、頭頂から羽の部分は黒色。

  • タグ: シロハラクイナ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム