八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

産業まつり、JCの対応に注目

 ▽…ことしの産業まつりの開催は事実上、八重山青年会議所(JC)の判断に委ねられている。JCは1月から新体制へ移して活動をスタート。まつりの運営については2月に開く内部の全体会議で話し合われるという。JCでは長年、まつり運営について賛否が割れているが、実行委員会の委員から“復活開催”を望む意見も強い。新体制となったJC幹部の手腕が早くも試されることになりそう。

 ▽…県母子保健大会の受賞報告で石垣市長室に受賞者とともに訪れた石垣市母子保健推進員協議会の保里ミツ子会長と、県母子保健推進員連絡協議会八重山支部の田本公子支部長。受賞報告に加え、「お母さん方から保育園に入れないと聞かされる」「母子家庭だと子どもを預けられず、大変な思いをしている」などと、一日も早い待機児童の解消もちゃっかり要請した。

 ▽…中小企業の経営者を対象に開催された事業承継セミナー。県内では戦後起業した初代経営者が多いが、県内企業の84.1%が後継者不在という。講師の一人は「後継者育成には5年から10年かかる」とし、経営者は60歳、後継者は40代のころから事業承継の準備をするようアドバイス。事業のバトンタッチが、企業の将来を左右する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム