八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソン「さらなる絆強化を」 協会メンバーら交流

乾杯をする岩手・石垣かけはし交流パーティーの参加者ら=22日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

乾杯をする岩手・石垣かけはし交流パーティーの参加者ら=22日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

岩手・石垣かけはしパーティー

 石垣島マラソンで来島した岩手・沖縄かけはし交流協会のメンバーや選手団を歓迎する岩手・石垣かけはし交流パーティー(石垣・岩手かけはし交流協会主催)が22日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラで開かれ、100人余が参加した。

 石垣交流協会の浦﨑肇会長は主催者あいさつで、「岩手の冷害からかけはし交流が始まり、協会ができて6年目となる。さらなる絆を強めていきたい」と述べた。

 岩手交流協会の福岡勝夫会長は「大人たちだけでなく、子どもたちを含めさまざまな形の交流がある。ことしの岩手のマラソン大会にはぜひ大挙して参加してください」と呼び掛け会場を沸かせた。

 このほか、マラソンに出場した岡山県総社市の片岡聡一市長や与那国町の外間守吉町長のあいさつもあった。

 余興では安里隆さんが「北上旅情」などを披露、JA民謡バンドが「うりずんの唄」などを演奏し、パーティーを盛り上げた。

 岩手産昆布と石垣の塩をコラボした「こんぶ茶」「こんぶ塩」の商品も紹介された。

  • タグ: 岩手・石垣かけはしパーティー石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム