八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

団体戦女子で川平初優勝 連携プレー5試合全勝

団体女子で初めて頂点に立った川平中の左から吉川小百合、髙嶺心萌、仲本こころ、鈴木音羽=21日、県総合運動公園レクドーム(髙嶺亨史さん提供)

団体女子で初めて頂点に立った川平中の左から吉川小百合、髙嶺心萌、仲本こころ、鈴木音羽=21日、県総合運動公園レクドーム(髙嶺亨史さん提供)

県中学校新人ソフトテニス

 ソフトテニスの第61回県中学校新人大会(県ソフトテニス連盟主催)が21日、県総合運動公園レクドームで行われ、団体戦女子で川平が初めて優勝した。予選の2試合、決勝リーグの3試合を全勝した。

 3ペアが戦う団体戦に川平は4人2ペアでエントリー。第3試合ができず不戦敗となるため、第1、第2試合で勝たなければならない。

 川平は、昨夏から県内で敵なしで九州中学総体3位の実力を持つ髙嶺心萌(1年)と吉川小百合(2年)を各組の後衛に置いて臨んだ。前衛の鈴木音羽(2年)、仲本こころ(1年)と連携したプレーで2連取して勝ち進み、初の栄冠を手にした。

  • タグ: 県中学校新人大会ソフトテニス川平中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム