八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣ー羽田線に新型機 ANAが夏休み期間中

夏休み期間中、羽田—石垣線で投入されるボーイング787—9型機=2016年10月22日午前、南ぬ島石垣空港(AN石垣支店提供)

夏休み期間中、羽田—石垣線で投入されるボーイング787—9型機=2016年10月22日午前、南ぬ島石垣空港(AN石垣支店提供)

4~10月 福岡便、運航再開へ

 ANA(全日本空輸)は19日、日本で初めて受領したボーイング787—9型機を、7月14日から8月31日までの夏休み期間中に羽田—石垣線の定期便機材として投入すると発表した。これにより、2往復4便の同線の座席数は前年同時期に比べて17.9%(5880席)の増加、関東方面からの観光客の入域増が期待できそうだ。期間運休していた福岡—石垣線も4月28日から10月28日までの間、1往復2便の運航を再開する。 

 ANA石垣支店によると、9型機は昨年10月22日、試験的に運航しており、今年のサマーダイヤから本格投入されることになる。羽田—石垣線は2016年ウインターダイヤに引き続き17年のサマーダイヤ(3月26日~10月28日)も2往復4便が継続される。

 9型機は、395席(プレミアムクラス18席、普通席377席)と8型機(335席)よりも高い燃費性能を有し、約1.2倍の座席と貨物を搭載することが可能。ANAは「高い運航性能、経済性、豊富な座席数を兼ね備えた最新鋭機として、新たなマーケットへの参入の可能性を広げることができる機材」としている。

 このほか、那覇—石垣線もサマーダイヤ期間、6往復12便から7往復14便に増便する。

  • タグ: ANA新型機
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム