八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新加工場が完成 伊盛牧場

 新加工場の内覧会でレトルト商品化が可能な総菜室を見学する関係者=16日午後、市内新川のミルミル本舗新加工・販売所

 新加工場の内覧会でレトルト商品化が可能な総菜室を見学する関係者=16日午後、市内新川のミルミル本舗新加工・販売所

レトルト商品の製造可能に

 農業生産法人伊盛牧場(伊盛米俊社長)は、自家製ジェラート・アイスを製造、販売する「ミルミル本舗」=石垣市新川=の隣接地に、生産能力の向上を図るジェラート加工室のほか、新たに精肉の加工やレトルト商品の製造が可能な「ミルミル本舗新加工場・販売所」を昨年12月に完成させ、ことし2月末にオープンさせる予定だ。

 新加工場では、原材料の仕入れから加工、販売までの一貫体制を構築。地元生産農家から商品として出荷できない熱帯果樹を受け入れ、ジェラートの原材料に生かす方針。

 ジェラート加工室には、主要商品のジェラート・アイスの原材料となる牛乳を1日150㌔処理できる機器を新たに導入。1日の生産量を現在の60㌔から300㌔に拡大させるほか、ジャムやプリンの製造も行う。

 新しく設けた総菜室では、瞬間冷凍機器を導入。自家製のハンバーグのほか、新たに牛汁とカレーを製造してレトルト商品として販売する。

 新加工場の総面積は既存施設の約16倍に当たる548平方㍍で鉄筋コンクリート造1階建て。総工費は2億3000万円で、沖縄県6次産業化支援事業を活用して約3割の補助を受けた。

 16日午後、関係者を対象に行った内覧会には行政や農業の関係者ら約70人が訪れた。

 伊盛社長は「地域の生産農家とコラボして小ロットの商品も開発が可能。6次産業化の確立で地元や県産品を含めて幅広い商品を開発し、販売したい」と意欲を語った。

  • タグ: 伊盛牧場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム