八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

国内外4979人エントリー 石垣島マラソン

第15回石垣島マラソンが22日、開催され、約5000人がエントリーしている=2016年1月24日、市中央運動公園(資料写真)

第15回石垣島マラソンが22日、開催され、約5000人がエントリーしている=2016年1月24日、市中央運動公園(資料写真)

海外参加 前回の4倍227人 国際色豊かに22日号砲

 22日の第15回石垣島マラソン(石垣市など3団体主催)まで2週間を切った。市制施行70周年記念大会となる今大会は県・国内外から4979人がエントリー。石垣市中央運動公園を発着点にフルマラソン、24㌔、10㌔の3部門で健脚を競う。国内47都道府県から参加するほか、海外からは前回大会の約4倍に当たる227人が申し込み、国際色豊かな大会となる。スターターはガレッジセールの2人が務める。中山義隆市長は「島の自然や沿道の声援をうけ素晴らしい大会にしたい」と話している。

 大会はフル(42.195㌔)と24㌔が午前9時、10㌔が午前9時20分にスタート。市街地など島の南側がコースとなる。

 エントリー者4979人のうち県内が2582人、県外からは47都道府県から2170人。海外からは第14回大会の約4倍に当たる227人がエントリー。特に香港から最多の180人が申し込み、昨年就航した香港エクスプレスやプロモーション活動の効果が表れた。

 年齢に合わせマラソンを楽しめるようオリジナルエイジランの表彰も新設、交流広場として屋内練習場では飲食を可能とし、特設ステージで高校生バンドの演奏も予定されている。市は大会終了後、市内で開催される「ゆくる美崎町オープンカフェ」「やいま石垣さんばしマーケット」への誘客も呼び掛けアフターの充実も図る。

 昨年の第14回大会は、4210人が出場し、4004人が完走。完走率は95%だった。

 大会の制限時間はフルが6時間30分、24㌔が3時間30分、10㌔が1時間30分となっている。

地図
  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム