八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

正月もあれよあれよという間に過ぎて早や

 正月もあれよあれよという間に過ぎて早や11日。今日もまたかくありなんという感じで普段と変わらない時間が流れ始めた▼年の初めにこの先1年にどのようなことが待っているのか、予測することほど難しいことはないと思うが、さて注目の今年はどんな年になるのだろうか▼沖縄は今年日本復帰から45年、国内では憲法施行から70年、海外においては、20日に米国で第45代トランプ新大統領が就任する。いつもの年よりも期待と不安が複雑に交錯するのもこうした節目の年だからであろう▼米国史上初の公職経験のないトランプ大統領には、選挙期間中の言動を含めて未知数の政治手腕を不安視する向きもある。米ソ、中国などが武力を背景に、にらみ合う構図がいまだになくなっていないだけに第2の冷戦にさせてはならない▼戦後の東西冷戦から得た教訓は考え方も価値観も体制も、まったく異なる相手を認め合うことの大切さであり、これが緊張を解きほぐす出発点となった▼さて県政に米軍基地問題、石垣島には陸自配備などの課題がある。世の平穏と永遠の平和は誰しもの願い。今年が沖縄新時代の幕開けとなるには、例年以上に足元の平和構築に向けた不断の努力が求められよう。その実現に向けて希望を失わず生きる喜びがわくようなそんな酉年にしたい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム