八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

恒例の記念撮影に笑顔

 ▽…2017年の業務がスタートした竹富町。仕事始め式のあとは、役場玄関前で三役をはじめ全職員で記念撮影を行った。毎年恒例で、町の変遷をたどる一つの資料になっている。町長就任後、初の撮影に臨んだ西大舛髙旬氏はリラックスした様子。いつもは真剣な表情で堅い印象が強いが、この日ばかりは大勢の職員に囲まれ、笑顔で写真に納まっていた。

 ▽…石垣市の仕事始め式で閉会のあいさつを述べた石垣安志教育長は「一番鶏が鳴くというが、一番鶏は早く起きて早くエサにありつける。私たちも先取り、率先して仕事を行い、日本一幸せあふれるまちづくりに力を結集しよう」と呼び掛けた。市によると、1957年から1993年までの酉(とり)年生まれの職員は計44人。ぜひ「先取り」「率先」の模範を。

 ▽…八重山漁協では、ことしの初セリが行われた。昨年の約1・75倍の水揚げで、幸先良い1年のスタートを切った。仲買人の一人が「漁業関係者の人手が足りない」と話してきた。聞くと「最近の若い子は持ち場を任せても、遅刻をしたりすぐに辞めてしまう」とか。責任感があり粘り強く漁業に興味のある方、一度漁協のセリに足を運んでみては?

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム