八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

各地域の芸能継承を 後継者の育成で座談会

研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室

研究者と実演家らが意見を交わした「八重山芸能後継者を育成する上での諸課題」の座談会=25日午後、石垣市老人福祉センター集会室

 八重山芸能の後継者を育てる上での諸問題を考える「公開座談会」(白保企画主催)が25日午後、石垣市老人福祉センターで開かれた。琉球大学の大城學教授を座長に八重山芸能史研究家の大田静男氏、沖縄県立芸術大学名誉教授の波照間永吉氏、沖縄国際大学教授の狩俣恵一氏の4人の研究者と、県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者の糸洌長章氏、同八重山伝統舞踊技能保持者の與那國久枝氏の2人の実演家が八重山芸能の本質や若手芸能家の受け皿づくり、選択肢としての沖縄県立芸術大学ーなどについて意見を交わした。

 研究者らからは「八重山芸能の神髄は祈りの心。歓待から発展してきた琉球芸能とは違う」と、八重山と琉球芸能の根本的な違いや「現代社会における生産構造の変化や、室内ホールでの発表、コンクールの広がりなどにより、古典芸能を深めていく環境にない」—などの指摘があった。

 一方で、将来、芸能の世界に進む若者が「趣味の世界」「プロの実演家」「研究者」のいずれかの道を目指すのかは個人の自由で、出口は決めつけるべきではない、との意見や「八重山芸能の発展・継承には、各地域の芸能をしっかり学ぶことが大事。若者が楽しく芸能にかかわることも大切」との指摘もあった。

 県立芸大に対して與那國氏は「宮古・八重山の芸能科目の新設を八重山3市町から大学側に働きかけてはどうか」と提案。糸洌氏は「芸大に進学しても教員免許取得がむずかしい面もある」と話した。

 県立芸大の波照間永吉名誉教授は、「大学に限らずアカデミーであれば八重山での受け皿も可能ではないか」と語った。

 第1回座談会は、糸洌、與那國両氏を除く4人で、11月に沖縄本島で開かれた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム