八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

金塊密輸未遂で2人逮捕 税関と石海保

沖縄地区税関に押収された金塊=(同税関提供)

沖縄地区税関に押収された金塊=(同税関提供)

台湾からのクルーズ船 不審な行動で発見

 沖縄地区税関と石垣海上保安部は1日午前7時43分、台湾基隆(きーるん)から到着したスーパースターアクエリアスで1㌔の金塊15個、6239万円相当を隠し持って石垣島に上陸しようとした台湾新北市に住む自称不動産業の周政旻(チョウ・チェンミン)容疑者(40)と同市在住の自称アパレル業・蔡任恬(サイ・ジェンティエン)容疑者(32)を関税法違反(無許可輸入未遂)の疑いで逮捕した。2人は容疑を認めている。脱税額は499万700円。地区税関によると、石垣で金の密輸では過去最大という。

 地区税関と石垣海保によると、両容疑者は11月30日に台湾基隆から石垣港に寄港したア号に乗船。蔡容疑者が入国旅具検査前に不審な行動を取っていたことから石垣税関支署の職員が身辺を確認し、ズボンのポケットから金塊3個を発見。周容疑者の客室ソファに隠してあった金塊12個も見付け、摘発した。

 取り調べに対して両容疑者は「無許可で(日本に)持ち込み、転売して利益を得ようとした」と供述している。

 地区税関は石垣海保との共同捜査で、今月20日に両容疑者を関税法、消費税法および地方税法違反事件で那覇地方検察庁石垣支部に告発した。

 金塊の密輸は国内でも多発傾向にあり、金相場の価格高騰と売却時に消費税分が戻ってくる日本の制度が関係している。

 金の価格は変動制で世界共通。日本では、売買時に買う側が消費税8%を支払うことから、海外から国内に持ち込む際、税関で消費税分を先に納める義務がある。だが、金を密輸し、国内で売ることで消費税分の利益が不正に得られる仕組みとなっている。

  • タグ: 密輸金塊
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム