八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コスプレ冬の風物詩に 親子ら石垣初イベント満喫

ゲストのプリンセスプリキュアのキュアフローラに群がる子どもたち=24日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場

ゲストのプリンセスプリキュアのキュアフローラに群がる子どもたち=24日午後、石垣市中央運動公園屋内練習場

 「石垣島でメリーコスプレ~石垣島でメリークリスマス&コスプレ!~」(石垣島メリプレ実行委員会主催)が24日午後、市中央運動公園屋内練習場で開かれ、親子連れらを中心に1000人余(主催者発表)が来場、石垣島初のコスプレイベントを楽しんだ。

 石垣島の新たな観光コンテンツと冬の風物詩となるイベントを創出しようと開催。幼児から大人まで14組がコンテストに出場し、シンデレラ、八重山の生きもの、マリオ、もののけ姫などの仮装ほか、ドラマ仕立ての怪盗イリオモテヤマネコ、八重山に移住したサザエさん一家などをコスプレで発表した。

 鹿川武司さん(42)一家4人は、おもちゃの楽器を持って「石垣島ブレーメン」をテーマに登場。武司さんは「緊張した」、妻のまどかさん(31)は「衣装はすべて手作り。いい思い出になった」と喜んだ。

 プリンセスプリキュアのアニメキャラクターがゲストで登場、子どもたちとクイズを楽しんだ。母親の幸江さん(41)と来場し、クイズに正解してお菓子のプレゼントを受けた小西帆夏ちゃん(4つ)は「プリキュアはテレビで見るより大きかった」と笑顔だった。

 仲座美加さん(40)は長女の夏寿美(かすみ)さん(10)と次女の雪菜ちゃん(5)と訪れ、「娘たちはコンテストに出場したかったが、締め切った後だった。来年も継続してほしい」と要望した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム