八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

退職校長会 マイフナー賞に3団体2個人

マイフナー賞で表彰された児童・生徒のみなさんと地区退職校長会の内原会長(前列左から4人目)ら=18日午後、大浜信泉記念館多目的ホール

マイフナー賞で表彰された児童・生徒のみなさんと地区退職校長会の内原会長(前列左から4人目)ら=18日午後、大浜信泉記念館多目的ホール

善行児童生徒を表彰

 八重山地区退職校長会(内原真永会長)が善行児童・生徒に贈る「マイフナー賞」の表彰式が18日午後、児童・生徒、学校関係者、保護者ら40余人が参加して大浜信泉記念館で開かれた。団体で大本小学校児童会、明石小学校自転車クラブ、石垣第二中学校女子バレー部、個人で同クラブ主将の小形波蓮(おがた・ばれん)さん(同校6年)、玉城茉歩さん(石垣第二中3年)の3団体2個人に賞状が授与された。

 大本小児童会(当銘由羅会長)では、野鳥保護のため看板を作って設置するなど、野鳥に優しい環境づくりを行っている。同校児童会の川奈巧(たくみ)君(6年)は「野鳥を観察していると数が減っているので、交通事故が原因の一つとだと分かり、みんなで看板制作を考えた」と述べた。

 玉城さんは中学陸上の県大会100㍍で3年間負けなし。また、ジュニアオリンピック陸上競技全国大会に3年連続出場するなど、文武両道を実践している。玉城さんは「陸上競技を通して人のつながり、地域の後押し、家庭のありがたさを実感した。競技を続けオリンピックを目指して頑張りたい」と話した。

 大本小児童会と玉城茉歩さんは、県善行児童・生徒でも表彰された。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム