八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重農、花文字でPR 10日から花と緑と食のまつり

花と緑と食のまつりに向けて八重農の生徒たちが制作し、お披露目された花文字=7日午後、同校校門前

花と緑と食のまつりに向けて八重農の生徒たちが制作し、お披露目された花文字=7日午後、同校校門前

 10、11日に開催される「花と緑と食のまつり」に向け、八重山農林高校(渡久山修校長、生徒302人)の生徒約160人が制作した花文字が7日、校門前でお披露目された。

 花文字の大きさは縦約3㍍、横18㍍。9月末から種をまき、グリーンライフ科の生徒が水まきなど肥培管理を行って準備を進めてきた。白と赤のヒポエステス、オレンジと黄色のマリーゴールド3840鉢で「花」「緑」「食」の文字とミンサー柄をかたどった。

 同まつりは実習棟の改築などで加工の幅が広がり、今回から新たに「食」がタイトルに加わって内容も充実。

 ライフスキル科3年の知念優太君(17)によると、ことし初めて栽培したメロンや、野菜がたくさん入ったホワイトクリスマスシチューなどを販売する「結結(ゆいゆい)カフェ」などが目玉。「ぜひ会場に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

地図
  • タグ: 八重山農林高校花と緑と食のまつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム