八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

携帯・スマホ ルール守って! ポスター作製で呼び掛け

携帯・スマホルール10ヶ条のポスターをPRする左から中山市長、大道会長、松原会長、石垣教育長=6日午前、庁議室

携帯・スマホルール10ヶ条のポスターをPRする左から中山市長、大道会長、松原会長、石垣教育長=6日午前、庁議室

子どもの所持率増で10ケ条 

 石垣市PTA連合会(大道夏代会長)、石垣市小中学校長会(松原範夫会長)、石垣市教育委員会(石垣安志教育長)は6日、携帯・スマホの利用ルール10ヶ条をポスターにしたと発表した。ことし3月にルールを作成、学校を通してA4サイズのプリントを家庭に配布したが、周知が徹底されていないとして、絵を取り入れてビジュアル化するなど分かりやすい内容にした。市教委は来週から家庭、公共施設、公民館などに配布することにしており、「目につくところに張ってほしい」と呼び掛けている。

 昨年7月、市教委が行ったアンケートで、携帯・スマホの所持率は中学生で45.6%、小学生(5、6年)で33.3%だった。10ヶ条は子どもの努力義務として▽使用時間は午後9時まで6項目、保護者の責務として▽午後9時以降は保護者が預かる—など4項目を挙げている。

 浦添市でも同様の取り組みが実施されているが、市のルールは保護者の責務を盛り込んでいるのが特徴となっている。

 今回作成したポスターはB4サイズ6000部、A2サイズ200部。B4サイズは児童生徒を通して各家庭に配布され、A2は公共施設などに掲示される予定だ。

 3者の代表と中山義隆市長が同日、市役所庁議室で会見し、大道会長は「携帯、スマホの所持が増加しており、問題やトラブルも起きている。交通ルールがあるように携帯・スマホにもルールがある。ルールは子どもたちを守るもの。行政と連携してルールの周知に力を入れたい」と述べた。

 中山市長らは「ルールは犯罪の防止、ネット上でのいじめの防止になる。10ヶ条を浸透させてもらいたい」と協力を求めた。

 市教委では企業や塾など希望する施設、団体にも配布したい考え。問い合わせは市教育委学校指導課(82—4701)。

  • タグ: 携帯スマホ利用ルールPTA
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム