八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテ2月にキャンプ 石垣島で10回目

中山義隆市長に来年のキャンプ用のキャップとカレンダーを贈った千葉ロッテマリーンズの林信平球団本部長(右)=5日午後、市長室

中山義隆市長に来年のキャンプ用のキャップとカレンダーを贈った千葉ロッテマリーンズの林信平球団本部長(右)=5日午後、市長室

野球教室や交流計画も

 千葉ロッテマリーンズの林信平球団本部長と栗田圭祐1軍管理担当チーフが5日午後、市役所を訪れ、来年2月1日から石垣島で1、2軍合同でキャンプを行うことを中山義隆市長に伝えた。石垣島キャンプは10回目。

 林本部長によると、キャンプは例年通り2月1日にスタートし、1軍が21日に打ち上げて沖縄本島に移動するが、2軍は26日まで石垣島に残り、「キャンプ後、本島や宮崎でオープン戦を行うが最初は若い選手が起用される。ベテランや主力はそのまま石垣に残り調整できる」(林本部長)とメリットを述べた。

 中山市長も「市民もメジャーな選手が長く残れば、見に行く楽しみも増える」と歓迎した。

 栗田チーフは来年はキャンプ中に、日曜日が3回訪れることに触れ「3回あるのは初めて。野球教室、サイン会に加えて何か地元の子どもたちと交流できるイベントを考えたい」と話した。

 10回目となる来年の石垣島キャンプで、林本部長は「島民の皆さんが喜んでくれて、何か記念になるものを残したい」と語った。

  • タグ: 千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム