八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ひどい!御嶽に不法投棄 出所判明で法律違反検挙も

捨てられたごみ袋の中身を確認する市環境課の職員ら=5日午後、平得のトゥメスク御嶽

捨てられたごみ袋の中身を確認する市環境課の職員ら=5日午後、平得のトゥメスク御嶽

八重山署と市確認 市指定袋のごみ9袋

 石垣市市民保健部環境課と八重山署の生活安全課は5日午後、石垣市平得の市総合体育館東側の道路沿いにあるトゥメスク御嶽に、ごみが不法投棄されているのを確認した。捨てられていたごみは9袋で、中には石垣市の指定袋に入ったものもあった。

 市環境課によると、ごみは近隣の住民が以前から捨てられているのを確認。御嶽ということもあり、その住民が自宅に持ち帰り、処分していたがらちが明かないため、11月30日に保健所に通報した。

 市環境課の富浜公雄課長補佐兼係長は「御嶽に投棄されたのは初めて。指定袋に入っているが分別がされていないため、収集されず捨てたのではないか」と、信じられないといった様子で話した。

 八重山署生活安全課の職員によると、身元が分かるものが出ればそこから調べを進め、場合によっては廃棄物の処理および清掃に関する法律違反での検挙もある、という。

 同署管内ではことし、廃棄物の不法投棄で4件、廃棄物の焼却で5件発生し検挙されている。違反した場合、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科せられる。

  • タグ: 不法投棄御嶽
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム