八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全日本コルトリーグ 八重山、準決勝で惜敗

4回裏、石垣里尚の左越適時二塁打でホームにかえる遠藤瑞貴=3日午前、市中央運動公園野球場(対神戸エキスパート)

4回裏、石垣里尚の左越適時二塁打でホームにかえる遠藤瑞貴=3日午前、市中央運動公園野球場(対神戸エキスパート)

一塁コーチャーとして選手にサインを送る伊志嶺吉盛監督=3日午後、市中央運動公園第二野球場

関東連盟代表に0-2 伊志嶺監督「野球を楽しめた」

 2016JTAカップ第6回全日本コルトリーグ中学野球選手権大会(日本ポニーベースボール協会主催)が3日、石垣市中央運動公園野球場と第二野球場で開催され、オール八重山ジュニアBCは1回戦で優勝候補の神戸エキスパート(関西連盟代表)を6-3で下し、準決勝に進んだが、関東連盟代表の将門ベースボールクラブに0-2で敗れ、決勝戦進出はならなかった。

 大会後、大分県の日本文理大学付属高校野球部監督への就任が決まっている伊志嶺吉盛監督は「これで八重山での指導は終わり。最後に子どもたちと一緒に野球を楽しめた」と笑顔で話した。

 照屋竜雅主将は「優勝候補の神戸は倒せたが、準決勝はうまく気持ちが切り替えできず、打線がつながらなかった。大会は楽しかったので、もう少し監督と野球がしたかった」と話した。

 結果は次の通り。

 〈1回戦〉

神戸エキスパートクラブ

0000120|3

000321×|6

オール八重山ジュニア

(神)寺本、國松、小池、上村、原田-谷口

(八)照屋、大島、東江-石垣

佐賀ビクトリー

0000000|0

100100×|2

将門ベースボールクラブ

(佐)佐々木、園田、渡邉-川原

(将)古矢|亀井

北斗ベースボールクラブ

1120000|4

0010000|1

栃木・宇都宮連合

(北)藤澤-本田

(栃)大沢力、高橋-中根

糸島イーグルス

000000|0

111331×|10

宜野湾ポニーズ

(糸)大西、倉田、三苫-入江

(宜)新垣、友寄-濱里

 〈準決勝〉

オール八重山ジュニア

0000000|0

101000×|2

将門ベースボールクラブ

(八)熊谷-石垣

(将)古宮-亀井

宜野湾ポニーズ

200011|4

000001|1

北斗ベースボールクラブ

(降雨終了)

(宜)宮城、小濱-濱里

(北)金澤、奥本-本田

■伊志嶺監督「島の子の能力は高い」

 甲子園を後進に託す

 伊志嶺監督は自ら一塁コーチボックスに立ち続けた。「期待してないよ。思い切り行け」とリラックスさせる指示を出し、「子どもたちはプレッシャーを感じず、楽しんで野球をやっていた」と満足げだった。

 2点リードされて迎えた準決勝の最終回。最後の攻撃に向かう子どもたちに「最後に何かやろう。もっと楽しもう」と鼓舞した。

 逆転はならなかったが、「チームの大半が控えの選手。それでこれだけできるのだから、やはり島の子の能力は高い」とあらためて実感。「この子たちをしっかり指導できれば」と八重山勢3度目の甲子園出場を後進に託した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム