八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先月中旬、安倍首相が今年も経済界に賃上げ…

 先月中旬、安倍首相が今年も経済界に賃上げを要請した。4年連続の政治介入だ▼周知の通り景気を良くするには賃上げと消費拡大が必要だ。賃金アップでみんながどんどん物を買えば企業は儲かり、それが賃金の再上昇になってさらに消費拡大や企業の設備投資になり、景気が好循環することになる▼その景気の好循環を狙った首相の経済政策「アベノミクス」が、4年目のことしも成果を出せず、政権の命取りになりかねない窮地にあるため、そこでまず消費を落ち込ませる10%の「消費増税」を先送りし、賃上げで起死回生を図ることにしたようだ▼それが大幅な最賃アップと4年連続の賃上げ要請であり、来年の通常国会で法整備する「同一労働同一賃金」だ▼首相は昨年の国会で限りなく非正規社員を増やす改正労働者派遣法を成立させ、野党提出の同一労働同一賃金法を骨抜きにした。しかし安い賃金の非正規労働者の増加は景気にマイナスなため、いまさらながらに同一労働同一賃金導入で非正規の賃金を上げ、消費を底上げすることにした▼八重山も今の好景気を持続するには、観光客の受け入れ態勢を強化の一方で企業は従業員の給料をアップ。さらに“ザル経済”改善のため「地産地消」「地消地産」を推進、島産品愛用運動で消費を拡大することだ。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム