八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創立20周年の節目祝う 歴代役員らに感謝状贈呈

登野城獅子保存会の創立20周年記念祝賀会で座開きを披露する役員ら。両端には獅子も飾られた=27日午前、ホテル日航八重山

登野城獅子保存会の創立20周年記念祝賀会で座開きを披露する役員ら。両端には獅子も飾られた=27日午前、ホテル日航八重山

 登野城(とぅぬすく)獅子保存会(黒島弘会長)の創立20周年を祝う記念式典が27日、石垣市内のホテルで盛大に開かれ、同会の指導などに携わってきた歴代役員らに感謝状が贈られた。関係者ら約90人が参加し、節目を喜びながら集落と同会の発展を願った。同会は、1996年に結成。地域の結願祭や豊年祭だけでなく、全島獅子舞フェスティバル、国立劇場おきなわ公演、石垣島まつりへの出演など幅広く活動している。現在は、20代から40代の会員37人が所属している。

 式典では、同会の結成から現在に至るまでの経過報告、感謝状贈呈があった。5代目会長の黒島さんは、登野城の獅子は「大きく、威圧的な眼光で迫力があるのが魅力」と語りながら「若い人を増やし、字会を盛り上げていくために頑張りたい」と抱負を語った。

 受賞者を代表してあいさつした相談役の新城弘志さんは「今後とも会員一丸となって、獅子と伝統文化を継承していくことを祈念している」と期待した。

 式典後の祝賀会では、神酒を手に古謡を歌う神事「ミシャグパーシ」を行った。中山義隆市長が祝辞を述べ、獅子舞や舞踊などが舞台を飾った。

 受賞者は次の皆さん。

 ▽物故者=冨永実彦、比屋根勇、知念七郎▽会長経験者=上地和雄、上地和浩▽副会長経験者=名嘉真強、上地一史▽相談役=新城弘志▽獅子舞責任者経験者=識名朝三郎▽字会長経験者=山口盛弘、波照間永紘▽物品寄贈=新城永起▽会員(横笛奏者)=新城浩健、小波本直博▽会員(15年以上)=玻座真善光、上地幸雄、上地國男、田幸忠夫

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム