八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

俗に、八重山ひじゅるーといわれる。八重山

 俗に、八重山ひじゅるーといわれる。八重山人は薄情で「いちゃりばちょーでー(行き合えば兄弟)」の人情味に欠けると解釈されている▼もちろん誤解もあるだろうし、異論もある。八重山人は人情こまやかだけど、感情を表に出すのが苦手なせいという▼24日の石垣市議会臨時会の「不穏当発言意見書」可決の報道に接して、この通説を思い出した。全県でも改めて八重山ひじゅるーを思ったのではないか▼意見書は「土人」発言について不穏当としつつ、米軍基地建設への抗議活動が警察官の人格と尊厳を傷つけているとしている。そこには、「土人」と呼ばれた県民の心の痛みを共有する思いは一切ない。そもそも沖縄に米軍基地を押し付け、民意をあからさまに差別し、踏みにじってはばからない政府こそ野蛮ではないのか▼賛同した議員諸賢は、軸足をどこに置いているのだろう。少なくとも「国に寄り添う」ことを公約とした方は、誰一人いないはず。なのに、あえて辺野古の現場に赴いて「海保がんばれ」と警備側を激励し、今度は高江の意見書だ。その軸足は地域に、市民側にあるだろうか▼とぅばらーま歌に「肝ぬ苦りしゃゆ取りいだし見しらるば」とある。八重山人はひじゅるーではない。今ほど、この通説を強く否定したいと願ったことはない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム