八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょうは、語呂合わせで「いい夫婦の日」。…

 きょうは、語呂合わせで「いい夫婦の日」。互いに感謝の心を持ち「ありがとう」を贈る日という。川柳コンクールも行っており、ことしの大賞は「どこからか 食事時には 来るあなた」 寡黙な夫と、見守る妻のほのぼのとした情景か▼世の中には夫婦円満の秘訣(ひけつ)がたんとある。「夫唱婦随」「亭主関白」は、もはや遠い ノスタルジーの世界。「亭主元気で留守がいい」は、存在感が薄くなった夫の哀愁がただよう。あるいは夫の「忍耐と努力」という人もある▼夫婦のあり方など、それこそ星の数ほどあるだろう。はた目にはうかがい知れぬこともある。そもそも、よそ様が判断するものではない▼今や男性の12%、女性の8%が「一生結婚しない」選択をし、独身男女の8割が「休日を1人で過ごす」内向きの時代。人との関係性が薄れてゆく▼「いい夫婦の日」はまた、「2人の時間」を大切にする日ともいう。先の川柳コンには「たくましい 妻に老後は ついていく」との佳作もあった。ことほいで友人諸君に贈る▼八重山言葉は、レディーファーストである。夫婦を「とぅず(妻)ぶどぅ(夫)」といい、結婚祝いを「あいなー(花嫁)よい」という。ただし「とぅずぬチビふぁいむぬ」(妻の尻にしかれる奴)ともいうから、昔も強い女性がいた証し。案外いい夫婦の形かも。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム