八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

4氏の功績たたえる 八重山毎日文化賞贈呈式

八重山毎日文化賞の正賞を受賞した宮良康正氏と山里純一氏、特別賞の小濵勝義氏、奨励賞の阿利よし乃氏(左から)=20日午前、ホテル日航八重山

八重山毎日文化賞の正賞を受賞した宮良康正氏と山里純一氏、特別賞の小濵勝義氏、奨励賞の阿利よし乃氏(左から)=20日午前、ホテル日航八重山

家族や関係者が祝福

 八重山研究や芸術文化の振興に顕著な業績を上げた人に贈られる第32回八重山毎日文化賞(八重山毎日新聞社主催)の贈呈式と祝賀会が20日、ホテル日航八重山であり、家族や関係者など多数が受賞者4人の功績をたたえ、祝福した。(8面に関連)

 今回は八重山古典民謡の普及や発展に尽力してきた宮良康正氏(76)=浦添市=と八重山文化の研究・保存に寄与してきた山里純一氏(64)=西原町=が正賞。地域の歴史や文化を調査し、掘り起こしてきた小濵勝義氏(82)=石垣市宮良=が特別賞、波照間島など八重山の研究に取り組んでいる阿利よし乃氏(32)=宜野湾市=が奨励賞を受賞した。

 贈呈式で黒島安隆社長は受賞者の功績を紹介し、「今後ますますのご活躍を祈念するとともに、八重山文化を研究する人が数多く輩出されることを期待申し上げる」とあいさつ。石垣博孝選考委員長は「研究にまい進していらっしゃる4氏を推挙できたことを誇りに思う。壮健で活躍を続け、八重山の文化研究に寄与していただくことを願ってやまない」と期待した。

 翁長雄志県知事や八重山広域市町村圏事務組合理事長の中山義隆市長からも祝辞が寄せられた。

  • タグ: 八重山毎日文化賞
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム