八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣第二 W全国切符

九州大会1回戦を勝利し全国大会出場を決めた石垣第二中野球部=19日午後、みやき町中原公園野球場(同野球部父母会提供)

九州大会1回戦を勝利し全国大会出場を決めた石垣第二中野球部=19日午後、みやき町中原公園野球場(同野球部父母会提供)

初の県制覇を果たした石垣第二男子駅伝チーム=19日午後、那覇市の古蔵中学校体育館

 「石垣第二中、W全国出場決定」。石垣第二中学校(東迎和芳校長)は19日に那覇市で開かれた2016年度沖縄県中学校駅伝競走大会(県中体連など主催)で男子駅伝部が初優勝。同日、佐賀県で開幕した第8回全日本少年春季軟式野球九州大会(全日本軟式野球連盟九州連合会主催)で野球部が1回戦で伊仙合同中(鹿児島代表)に勝ち、同時に二つの部が全国大会出場を決めた。駅伝部は12月17日から滋賀県で開催される全国中学校駅伝大会、野球部は静岡県で来年3月25日から始まる全日本少年春季軟式野球大会へ出場する。東迎校長は「野球、駅伝と二つ同時に全国出場を決めるなんて予期していなかった。非常に驚き、喜んでいる。子どもたちの日ごろの努力の成果。全国のステージを楽しんでほしい」と喜びを語った。駅伝部は同日夜、凱旋(がいせん)し、南ぬ島石垣空港で保護者や学校関係者が盛大に出迎えた。

■野球 九州初戦を突破

 鹿児島代表に1-0

 野球部は1回戦で鹿児島代表の伊仙合同中に1-0で勝利。初日で上位5校に与えられる全国大会出場を決めた。

 試合は二中の砂川羅杏(らいあん)と伊仙・田中の息詰まる投手戦。

 四回まで無安打に抑えられていた二中は五回、4番下地敦大の左前安打を足がかりに、続く5番砂川のエンドランが右翼線の適時三塁打となり決勝点。砂川が伊仙打線を1安打完封、投打で活躍した。

 与那国賢一監督は「一つのチャンスをしっかりものにできたのが大きい」と評価。砂川主将は「全国は決まったが残り2試合、自分たちの野球をして優勝したい」と意気込みを語った。

■駅伝男子 県中学大会初V

 勝負の6区、豊川が快走

 【那覇】第40回男子県中学校駅伝競走大会で石垣第二は1時間6分55秒で初優勝。八重山勢では2014年の大浜以来2年ぶりの県制覇となった。

 石垣第二は1区で4位につけると、2区で3位、3区で2位と着実に順位を上げ、4区でトップに浮上。5区で名護にかわされ2位に順位を下げたものの、最終6区でアンカーの豊川想大(3年)がラスト1㌔で名護を捉え、20秒の大差をつけ念願の初優勝のテープを切った。

 崎田尚孝監督は「九州や全国の選手たちは強いが、まだ日にちはあるので練習を重ねたい」。豊川主将は「九州では優勝を目指したい」と次の目標を据えた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム