八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

伊志嶺氏「3年で結果を」 日本文理高監督就任

八商工野球部で最後の教え子となった元部員らと記念撮影をする伊志嶺吉盛氏(中央)=18日夜、ホテル日航八重山

八商工野球部で最後の教え子となった元部員らと記念撮影をする伊志嶺吉盛氏(中央)=18日夜、ホテル日航八重山

激励会で感謝と決意

 ことし12月に日本文理大学付属高校野球部の監督に就任する、前八重山商工高校野球部監督の伊志嶺吉盛氏の激励会が18日夜、市内のホテルで開かれ、八商工野球部OBや関係者ら約150人が門出を祝った。

 高校最後の教え子となった八商工野球部3年生、現在指導している硬式野球育成会・オール八重山ジュニアベースボールクラブの子どもたちも駆け付けた。

 激励会実行委員長の与儀博樹八商工野球部OB会会長は「監督は甲子園出場という夢を実現し、感動を与えてくれた。監督が八商工を去るのはくやしい気持ちもあるが、大分でも情熱を子どもたちに伝えてほしい」とあいさつ。

 甲子園出場メンバーの羽地達洋さん(28)、奥平結さん(同)、新城永人さん(同)、當山徳人さん(27)、黒島善樹さん(同)も飛び入りであいさつ。羽地さんは「当時から褒められた記憶はないが、そのおかげで人間として成長できたと思う。石垣から監督がいなくなるのは寂しいが、自分も監督に負けないように頑張りたい」と話した。

 監督の活躍をまとめたスライドショーが流れ、夏の甲子園の千葉経済大付属高との逆転劇が映し出されると、会場は当時のような熱狂に包まれた。

 伊志嶺氏は「甲子園出場が決まり、バックネットの前で島の人たちが祝ってくれたあの一瞬は、野球をしていて苦しかったことをすべてを忘れさせてくれた。これまで選手に恵まれ、父母会に恵まれここまでやれた。島の人たちが後押ししてくれた」と感謝した。

 日本文理高での指導については「大分は最後の挑戦だと思っている。自分の持っている野球のすべてを注ぎこみたい。3年で結果を出したい」決意を語った。

  • タグ: 日本文理大学付属高校野球部監督就任伊志嶺吉盛
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム