八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

強盗対応、職員ら確認 八重山署と新栄郵便局

強盗対策模擬訓練で銃を突きつける犯人役の警察官。郵便局職員が強盗発生時の対応を確認した=17日夕方、石垣新栄郵便局

強盗対策模擬訓練で銃を突きつける犯人役の警察官。郵便局職員が強盗発生時の対応を確認した=17日夕方、石垣新栄郵便局

年末年始前に模擬訓練

 年末年始を前に石垣新栄郵便局(前本充局長)と八重山警察署は17日夕、同局で強盗対策模擬訓練を行った。移転後初の訓練で職員らが対応を確認、万一に備えた。

 訓練では、拳銃を隠し持った犯人役の2人組が店内に入り、カウンターの職員に訓練用の銃を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金の入ったカバンを奪い、車両で逃走したとの想定で行われ、職員は車両にカラーボールを投げつけ、追跡しやすいよう目印を付けたほか、110番通報で犯人の身長や服装、車の車種などを伝えた。

 職員の仲松友弥さんは「怖くて動けず、頭が真っ白になった。会話をして場をつなごうとしたが、迫力があってできなかった」と課題を確認した様子。前本局長は「訓練は防犯管理体制を検証する意味でも重要だった。今後は、万が一の発生に備え、自主防衛意識を高めたい」と話した。

 同署生活安全課の松門建志課長は「職員はスムーズに役割分担し対応していた」と講評。「これから年末年始にかけ、お金が動くので強盗と接する可能性がある。犯人の特徴を覚え警察に情報提供をお願いしたい」と呼び掛けた。

 八重山署管内では5月にネットカフェ強盗が1件発生しているが、犯人はまだ逮捕されていない。

  • タグ: 強盗対策模擬訓練石垣新栄郵便局八重山警察署
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム