八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小浜島で盛大に結願祭

小浜島の結願祭で、演者たちを引き連れて登場した北集落のミルク=14日午前、嘉保根御嶽

小浜島の結願祭で、演者たちを引き連れて登場した北集落のミルク=14日午前、嘉保根御嶽

島の多彩な伝統芸能奉納

 【小浜】国の重要無形民俗文化財に指定されている小浜島の結願祭が14日、嘉保根御嶽で行われ、北集落のミルク、南集落の福禄寿をはじめ、両集落が太鼓や獅子、棒術、狂言など多彩な伝統芸能を交互に奉納した。会場には地域住民や郷友、観光客など多数が訪れ、島の一大行事を堪能した。結願祭はことしの豊作に感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事。2007年にソーラ(旧盆)、種子取祭も含めて「小浜島の芸能」と一括して同文化財に指定された。

 結願祭は午前9時ごろ、北集落のミルクと南集落の福禄寿が演者を引き連れて集落を練り歩き、嘉保根御嶽に到着。

 庭の芸能では、ミルクと福禄寿を先頭に座回り(ザーマーリィ)をし、太鼓や獅子、棒などが奉納された。

 棒では、なぎなた(マイヌヤラ)や山刀(ヤマガラス)などのほか、大きな竹棒を持った3人が演じるユーモラスな「三人棒」などが披露され、観衆の注目を集めた。

 終了後は境内中央に舞台が設置され、全員で神に礼拝をした後、舞台の芸能がスタート。ザーマーリィの後、北集落が「赤田主」「マミトーマ」「小浜節」、南集落が「赤馬節」「夜雨節」「メーヌハマ」などのほか、狂言やシュンギン(祝儀)の踊りを交互に繰り広げた。

 小浜公民館の大久英助館長は「先人たちが築いた素晴らしい伝統文化をしっかりと後世に継承し、さらに発展させていきたい」、西大舛髙旬町長は「小浜島がますます活気あふれる島として発展することを祈念する」とあいさつした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム