八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

朝夕涼しく、小春日和が短い秋を告げている。…

 朝夕涼しく、小春日和が短い秋を告げている。立冬もすぎ、季節は確実に移ろう▼こちらは移ろうどころか、超ど級の激変である。まさかのトランプ大統領。世論調査にまったく表れなかった米国民の怒れるマグマ、深い闇はかくもすさまじい。英国のEU離脱に次ぐ、先進国の乱▼排外主義、移民敵視、安保ただ乗り論。内向きの言動に、沖縄の米軍基地問題の変化を期待する向きが少なからずある▼多くを期待してはいけない。普天間基地は米軍がつくったが、辺野古新基地や高江は思いやり予算という名の日本国民の血税でつくるのだ。氏が喜ばない訳はない▼もちろん、即時全面撤退を夢見たい。が、日本は対米従属の国。常に米国の顔色をうかがっている。沖縄県民のトラウマ「最低でも県外」は、わずかに見いだした希望の果ての絶望だった。もし米軍撤退を言い出したら、今度こそお引き取り願おう。本土にかまうことはない。県民一丸、民意という名のソフトパワーで▼むしろ警戒すべきは国内の動き。これに乗じてアジアで全面的に米軍肩代わりをし、核武装を目指してさらに右傾化しないか。原発再稼働が不安をより増幅させる。今こそ憲法が戦後史に果たしてきた役割と、平和国家・日本の未来を考える時期だ。南の島々も無関心ではいられない。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム